RSS

YouTube:2011年8月11日[1 /5] 経済産業省事務官 古賀茂明氏 記者会見


2011年8月11日[1 /5] 経済産業省事務官 古賀茂明氏 記者会見
http://www.youtube-nocookie.com/embed/5h49fOew-lo?rel=0
経済産業省事務官(大臣官房付)・古賀茂明氏の記者会見の絶望的かつ衝撃的内容。
主催:自由報道協会

 
YouTube:2011年8月11日[1 /5] 経済産業省事務官 古賀茂明氏 記者会見 はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2011年8月18日 投稿先 原発, 映像

 

EX-SKF-JP:「ふくしま新発売」キャンペーンに三田佳子、増田明美(全国賛同店のリストあり)


WEDNESDAY, AUGUST 17, 2011
「ふくしま新発売」キャンペーンに三田佳子、増田明美(全国賛同店のリストあり)
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/08/blog-post_264.html
賛同店リスト:http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/ryutu-tourokutenpo110731.pdf
Read the rest of this entry »

 
EX-SKF-JP:「ふくしま新発売」キャンペーンに三田佳子、増田明美(全国賛同店のリストあり) はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2011年8月18日 投稿先 原発

 

ざまあみやがれい!:「4月中東京でホットパーティクル1人10個吸引。鉄の味をしたという報告」ガンダーセン博士


「4月中東京でホットパーティクル1人10個吸引。鉄の味をしたという報告」ガンダーセン博士
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65743776.html
Read the rest of this entry »

 
ざまあみやがれい!:「4月中東京でホットパーティクル1人10個吸引。鉄の味をしたという報告」ガンダーセン博士 はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2011年6月30日 投稿先 原発

 

ざまあみやがれい!:「祝島」が、かわいそうな反原発の過疎の村という認識は捨てよう。民度が高くチャレンジし続ける人々がいる。


「祝島」が、かわいそうな反原発の過疎の村という認識は捨てよう。民度が高くチャレンジし続ける人々がいる。
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65747330.html
Read the rest of this entry »

 
ざまあみやがれい!:「祝島」が、かわいそうな反原発の過疎の村という認識は捨てよう。民度が高くチャレンジし続ける人々がいる。 はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2011年6月30日 投稿先 原発

 

SAVE CHILD:[食品]牛乳各社の産地と放射能検査の現状。電話での問い合わせ結果


[食品]牛乳各社の産地と放射能検査の現状。電話での問い合わせ結果
http://savechild.net/archives/1639.html
Read the rest of this entry »

 
SAVE CHILD:[食品]牛乳各社の産地と放射能検査の現状。電話での問い合わせ結果 はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2011年6月30日 投稿先 未分類

 

台風の前に


(武田邦彦)台風の前に緊急に政府がしなければいけないこと
http://takedanet.com/2011/05/post_ec82.html

台風シーズンが近づいています。梅雨は始まりました。
初動が大切な原発事故で、国民の避難、児童の疎開、汚染されていない水の確保など、原発事故ですぐしなければならない政府の義務は何一つされていません.
何もしないで1ミリを20ミリに上げたり、汚染された野菜を拒否するのを「風評被害」といったり、もっぱら国民を被曝することに熱心です。
私たちは何のために税金を払い、選挙の投票をしているのでしょうか?でも、少し批判されて、やっと腰を上げつつあります.
(中略)
だんだん、待ったなしになってきました。
これが強風が吹くと舞い上がり、広く拡散することが予想されます.だから、政府は一刻も早く、土壌の上にシートを貼るとか、濃い放射性物質が乗っているところは土壌を除くことをしないと、福島のみならず、台風が太平洋側を通ると北風が吹いて茨城、千葉、東京へ飛んできます.
お茶が汚れたのも私は一度、土の上に降った放射性物質が風でまったものと思いますし、郡山などの放射線量が減らないのも、「福島原発の周辺から、2次的に飛んできたもの」に夜のではないかと思っています.
原発から10キロ圏内の高濃度汚染地域を少しでも綺麗にすることは政府(東電)の義務です.それはその土地に住む人にとっても大切なことですし、今、そこにある放射性物質が再び飛んで、日本の大地を汚さないためにも必要です.
それに加えて、梅雨で雨が降り、土壌にしみ、地下水に移動します.汚いものがこぼれたのですから、常識的に考えても「早い方がよい」のは当然なのです.
政府の方!!目を覚まして行動に移ってください!!
のんびりとひまわりを植えている時期ではありません。強い行動をとってください。
・・・・・・・・・
自治体も綿密に放射線量を測定して、市民の不安を除去し、「地産地消」(横浜市、戸田市など)を止めて鹿嶋市のように、安全な野菜を子供に出してください。
教育委員会や市長の決断次第で、その市の子供達の差が出てきました。

たしかに国も自治体も汚染物に対してあまりにノープラン過ぎます。まるで見えてきません。
人出が足りないのなら、復興、除染プラン等を明確にし、広く募るのも手だと思うのです。

本当に国も自治体もどこか他人ごとのような気がしてりなりません。
都や区も汚染物をどうするのか指針ぐらいは発表してないのかな?
後で調べてみようかな。んー、なんかこんなことばかりで時間が過ぎていく。

 
台風の前に はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2011年5月30日 投稿先 原発

 

風化の怖さ


(武田邦彦)神になった人たちのリスト
http://takedanet.com/2011/05/post_a8d4.html

何の根拠もなく「被曝しても安全だ」と言う人が増えてきました。それが止まりません.

被曝するとガンになるのですから、根拠無く「安全」という人は神になった人です.常識ある人間はそんなことは口に出せません。
他人の健康のことで、人が何か口にするには、まず第一に日本は法治国家ですから「法律」、第二に医学医療や学問的に定まっていること、そして第三に自分の研究結果などです。
第二(学問の定説)のことを言う時には、第一(法律)に触れなければならず、第三(自分の研究)をもとにするときには、第一、第二にふれて、それとどこが違うか、その理由はなにかを説明しなければなりません。
・・・・・・・・・
日本の法律では、一般人は1年1ミリ。管理区域(健康に留意して、栄養のバランスをとり、被曝量を測定する)では5.2ミリと定められています.
国際的(ICRP)では「被曝に応じてガンが増える」とされていて、1年1ミリが「我慢の限度」とされています。
・・・・・・・・・
【神になった人】
1.
文科省大臣: 「児童の被曝は外部被曝だけで20ミリまで安全」(ICRPはそんなことは言っていない)、
2.
福島県アドバイザー: 「1年100ミリまで安全」(福島医大の講演では、「この医大の被曝医療は世界に誇るレベルになる(患者がでる)」と発言)、
3.
官房長官: (60京ベクレルで被曝しても)「直ちに健康に影響はありません」(直ちにとは、人生が80年だから、10年から20年は直ちにだろう)、
4.
保安院: 「海水中の放射性ヨウ素が規制値の3355倍でも、健康に影響はありません」、
5.
柏市: (市内に1年1ミリを越える地域があるのに)「原発事故に伴う放射線量率等に関する市の考え方」という文章に、「千葉県北西部地域が相対的に高い数値であることを基にネット上に不安を煽るような書き込みがされている」と「1年1ミリ以上のところを警告すること=不安を煽る」としている。
6.
東大、柏国立がんセンター「少々高めの線量率だが、人体に影響を与えるレベルではなく、健康に問題はありません」
7.
その他、大勢(根拠がないのに、影響がないといっているのはNHK、朝日新聞、一部の医療関係者、放射線専門家、知識人など)
(中略)
それにしても、日本人は本当に政府に盲目的に従うものだと改めて思います。その理由が「お金」なのか、「一人の人間として独立していない」のか判りませんが、良くも急に変わることが出来ると感心します。
●どうして、柏市は法律違反を起こしてまで、市民に「被曝しても良い」と言うのでしょうか?
●朝日新聞はこれまで「被曝は危険」と言い続けてきた先鋒だったのに、政府が安全と言い出すと、突然、「被曝は安全」、「ガンになってもかまわない」と豹変したのでしょうか?

時が経つほどに、根拠なき安心感が広がりつつあることを実感いたします。
そういう私も、数日情報をググラないだけで自然と安心感がこみ上げてきます。それはバランスをとるために必要なことかもしれないと思ってます。
心の平安はとても大切に思います。でも、正しい情報、正しい危機感は捨ててはいけませんね。
怖い、怖い。見ない、見ない。その結果として、大変な被害をうけるのは自分自身ですからねぇ・・・。バランスをとりながら事実と向きあうことは結果的に自らを救うことになると思います。

こうしたれは自らに課せられた具体的数値が見えないからというのは大きいかもしれません。そういう意味ではガイガーカウンターを共同購入する等の具体的対策は大きいかもしれません。会社で、学校で、施設で、そうした対応が必要かもしれませんねぇ。それにしても高い・・・。こういう時の個人は本当に太平洋に浮かぶ草舟のごとく頼りない。

 
風化の怖さ はコメントを受け付けていません。

投稿者: : 2011年5月30日 投稿先 原発